学園からのご案内[School Infomation]



アーカイブ

武蔵野美術学園の子ども向けの講座は2009年から試験的な取り組みを開始し、2013年の「夏休み子ども教室」では全22講座をご案内するまでになりました。その間、もっと機会をもうけて開催してほしいといった参加した子ども達や保護者からの声をいただき、春、夏、秋と開催時期も増やしてきました。

子ども達がアートに触れたり、造形を楽しむことは、心身のバランスのよい発達のために欠かせないと考えています。美術学校として、子ども達が創ることを楽しみ、アートに関心を持つような「子ども教室」をこれからも開催していく予定です。

ここには、ご案内の参考に2013年夏の子ども教室からの簡単な開講歴を記載していきます。

今後の開講予定はこちらのサイトでもご案内します。告知内容に関する詳細がお知りになりたい方は、メール・FAX・電話でお問い合わせください。

こども教室_和紙.jpg こども教室_水玉.jpg こども教室_てとてとてとて!.jpg こども教室_フィギア.jpg

実施日 タイトル 講師
2014年
8月
親子で似顔絵を描きっこしよう 森生文乃(漫画家)
絵描きさんのように
キャンバスに描いてみよう!
久保田加菜子(画家)
夏の夜はランタンをともそう! 西野 順美(造形アトリエ主宰)
型押しレリーフをつくろう! 桜井久実(彫刻家)
干物を本物そっくりに描こう! 西野 順美(造形アトリエ主宰)
ダチョウの卵でペンダントをつくろう! 原田佐和子(子どもに科学を伝える専門家)
子どものための色彩講座と
モビールつくり
吉田慎悟(色彩研究家・武蔵野美術大学教授)
+CBN色彩教育部会
世界に一匹の魚の絵を描こう! 西野 順美(造形アトリエ主宰)
遊べてアートな迷路をつくろう! 花田銀子(造形アトリエ主宰)
大きな紙に原寸大に描こう! 久保田加菜子(画家)
パフェの食品サンプルをつくろう! 安藤恭子(食品サンプル技術者)
どうぶつ頭のフィギュアをつくろう! タカハシカオリ(美術家)
世界にひとつのクレヨンを作ろう! 小原典子(美術家)
「おどろき盤」で絵を動かそう! 内山まな(アニメーション作家)
2014年
7月
形も音も変わった風鈴をつくろう! 桜井久実(彫刻家)
陶器でオリジナルの時計をつくろう! 宇多田理恵(陶芸家)
わが家のトーテムポールをつくろう! 越前吉子(造形アトリエ主宰)
自分で描いた絵でTシャツをつくろう! 小野佐知子(版画家) 
「ぐるぐるかいじゅう」をつくろう! 桜井久実(彫刻家)
本物と同じように小さな椅子をつくろう! 笠原嘉人(工業デザイナー)
虫の王様をつくろう! 越前吉子(造形アトリエ主宰)
2015年
3月
ヒツジと仲良しになってヒツジ人形をつくろう! 原田佐和子 (子どもに科学を伝える専門家)
陶器でオリジナルの時計をつくろう! 多田理恵(陶芸家)
モビールをつくって光と影を楽しもう! 小原典子(美術家)
+オーストラリア出身の美術家さん
手形・足形であそぼう! 桜井久実(彫刻家)
インスタレーションを 英語で体験しよう! 小原典子(美術家)
+オーストラリア出身の美術家さん
型押しレリーフをつくろう! 桜井久実(彫刻家)
自分で描いた絵でTシャツをつくろう! 小野佐知子(版画家)
おどろき盤で絵を動かそう! 内山まな(アニメーション作家)
絵の具のいろいろな使い方でカレンダーをつくろう! 西野順美(造形アトリエ主宰)

武蔵野美術学園では子ども達のために造形教育に携わる方向けに講座を開講してきました。
2010年の夏にレッジョ・エミリア方式による「子ども造形講座」を開講、2011年春「レッジョ教育方式を大人が学ぶ創作ワークショップ」を開講するなど、北イタリアの都市のひとつであるレッジョ・エミリア市で実施されている町ぐるみの幼児教育の考え方や手法をご紹介する講座を開講しました。
このレッジョ・エミリアの幼児教育では造形的なアプローチを担当する芸術分野の専門家を「アトリエリスタ」と呼びます
2013年5月にはセミナー「子ども造形教育の現場から」を開催し、オランダや日本でのワークショップの紹介、レッジョ・エミリア教育での見聞をレポートしていただきました。講師の伊藤史子は現在オランダでアトリエリスタとして活躍し、レッジョ・エミリアにも学んでいる方です。
2013年8月には「子ども造形教育のためのドキュメント制作講座」を伊藤史子・岡川純子を講師に迎え開講。子ども造形教室におけるドキュメンテーション作成のそれぞれのアプローチの考え方、方法をプレゼンテェーションし、その後ワークショップとしてドキュメントづくりを実践した講座を2日間に渡り実施しました。伊藤史子はオランダ在住のアトリエリスタ、岡川純子は美術館におけるワークショップで著名な目黒区美術館で長年、造形ワークショップの撮影、ドキュメント制作に携わってきた映像作家です。
今後の開講予定はこちらのサイトでもご案内します。告知内容に関する詳細がお知りになりたい方は、メール・FAX・電話でお問い合わせください。

実施日 タイトル講師
2010年
8月
レッジョ・エミリア方式による
子ども造形講座
石井希代子(レッジョ教育研究家)
高島美希(レッジョ教育を広める会@キオチョラ@代表)
2011年
3月
レッジョ教育方式を大人が学ぶ
創作ワークショップ
石井希代子(レッジョ教育研究家)
高島美希(レッジョ教育を広める会@キオチョラ@代表)
2013年
5月
子ども造形教育の現場から-
オランダやレッジョエミリアの
子ども造形教育レポート
伊藤史子(デザイナー・アトリエリスタ)
聞き手:
及部克人(ワークショップ実践家・武蔵野美術大学名誉教授・
東京工科大学デザイン学部教授)
2013年
8月
子ども造形教室のための
ドキュメント制作講座
伊藤史子(デザイナー・アトリエリスタ)
岡川純子(映像作家)
  • 公園予定地壁画制作 写真1
  • 公園予定地壁画制作 写真2
東町の公園予定地の敷地に沿って高さ2mほどのブロックの塀が30mの長さに及んでいます。落書きで汚れた塀を市や「落書き消し隊」が真っ白にしてくれた後、学園メンバーで壁画を描きました。壁画制作するにあたり「ハートウォール」というコンセプトで、愛や信頼をイメージするハート型を壁面に配置し、ハート型の中を描き手の暖かさや優しさの伝わるオリジナルな絵でいっぱいにしようと考えました。2012年4月10日に学園生40名で現場で制作、当日は晴天で敷地内の桜も満開で、ちょっとピクニック気分もあった楽しい時間ともなりました。制作の様子は東京新聞やJCN武蔵野三鷹、むさしの-FMで紹介されました。
  • 2011年「井の頭100祭」イベント風景2011年「井の頭100祭」イベント風景
武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園は、2017年に公園になって100年目を迎えます。その100年をめざして「井の頭恩賜公園100年実行委員会」が発足し、カウントダウンで毎年イベントを開催しています。武蔵野美術学園では実行委員会の依頼で2011年から「井の頭100祭」のイベントのための装飾と「井の頭を描こう」というスケッチ大会の実施をお手伝いしています。

アクセスMAP[Access map]

場所
〒180-8566 東京都武蔵野市吉祥寺東町3-3-7
TEL 0422-22-8176 FAX 0422-22-8109
アクセスマップ
JR中央線 総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅下車
・徒歩約15分
・中央口3番バス乗り場より
 関東バス西10、西荻窪行き乗車、「武蔵野第三中学校」下車徒歩約2分
・中央口0番バス乗り場より
 ムーバス東循環乗車、「美大通り」下車徒歩3分
JR中央線 総武線 西荻窪駅下車
・関東バス西10、吉祥寺行き乗車、「武蔵野第三中学校」下車徒歩約2分

お問い合せ/資料請求