学園からのご案内[School Infomation]



鍛鉄と微笑みの彫刻

鍛鉄と微笑みの彫刻
2016年3月13日(日) 13:30~15:00
講演者:西田光男(鍛鉄作家・トライアスリート)
鍛鉄による作品というとヨーロッパの古い建物の装飾や門柱、それにアンティクなイメージの看板などが思い浮かびます。その鍛鉄でこんなこともできるのだという作品づくりをしている作家が西田光男氏です。鍛鉄にまつわる話や鉄から生まれたファンタジックな作品について語っていただきました。東日本大震災を契機に始めた被災地での首長恐竜親子の大型作品展示の話など制作と社会との関わりのお話しも興味深いものでした。
鍛鉄と微笑みの彫刻
■西田光男(にしだ・みつお)プロフィール
鉄人の鉄人。トライアスリートの鍛鉄作家/1951年大阪市淀川区生まれ。1974年武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。同年、「PAGEONE」を設立。1992年秩父市に新工房を建て、7人のスタッフと門扉や手摺、フェンス、モニュメントなど鍛鉄作品を制作し、作品はヨーロッパ6カ国、中国、韓国、国内は全都道府県に。1,996年からヨーロッパ各国の鍛鉄イベントに招待され講演や実演を行っている。
 1989年度の建設大臣賞を受賞した、あけぼの子どもの森公園・ムーミン屋敷の手摺や鬼のフェンス、2010年にはムーミン屋敷に天使とスナフキンの雨樋、屋外のドーム橋(10m)やベンチなど制作。
2011年ドイツの出版社『HEPHAISTOS』(ヒファイストス)誌が選ぶ世界7名の金属工芸家の一人に選ばれる。2012年3月より津波被災地のこどもたちの元へ「首長恐竜の親子」を展示巡回している。


アクセスMAP[Access map]

場所
〒180-8566 東京都武蔵野市吉祥寺東町3-3-7
TEL 0422-22-8176 FAX 0422-22-8109
アクセスマップ
JR中央線 総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅下車
・徒歩約15分
・中央口3番バス乗り場より
 関東バス西10、西荻窪行き乗車、「武蔵野第三中学校」下車徒歩約2分
・中央口0番バス乗り場より
 ムーバス東循環乗車、「美大通り」下車徒歩3分
JR中央線 総武線 西荻窪駅下車
・関東バス西10、吉祥寺行き乗車、「武蔵野第三中学校」下車徒歩約2分

お問い合せ/資料請求